みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

【決算分析】 2362 夢真ホールディングス(2019年9月期 第2四半期決算)

【決算分析】 2362 夢真ホールディングス(2019年9月期 第2四半期決算)

今更感満載な分析です…ざっくり分析で把握した内容と大きな違いはなかったです。サボってたデータ取りがこのタイミングでできたので良かったですね…というかほんと最近サボりすぎや(´・ω・`)[JQ]【会社概要】施工図作図が祖業、大量採用による建設現場の施工管理技術者派遣が主力。エンジニア派遣も。【指標】時価総額(百万):57295PER(倍):13.44EV/EBITDA(倍):7.9PBR(倍):4.03ROE(%):25.7自己資本比率(%):52.4配当性向(%)...

... 続きを読む

【運用成績】 2019/06/07

【運用成績】 2019/06/07

絶好調に見えて危機感バリバリですので、今後も色々試していこうと思います。とりあえず6月は総会シーズンなので、行けるようなら主力系は行ってみようと思います。東京なのでちょいめんどいですが…(笑)夢真は稼働人数は順調なので先行投資が花開き出すと面白いのですが…もう少し下に突っ込まないかな?^^;さて今週はTOPIX+1.33%に対して資産は+1.68%となりました。ホント最近はサボりが過ぎるので、質より量で頑張って企業を調べ...

... 続きを読む

【簡易企業分析】 1716 第一カッター興業

【簡易企業分析】 1716 第一カッター興業

控えめに言って殆どわからなかった…この企業は業界をしっかり勉強しないとあかんやつ…【基本情報】コード:1716企業名:第一カッター興業特色:ダイヤモンド使用のコンクリート構造物切断・穿孔工事が主力。水圧のウォータージェットも【指標等】時価総額(億):104PER(倍):10.3EV/EBITDA(倍):2.5PBR(倍):1.0ROE(%):14.3配当性向(%):10.1配当利回り(%):1.15営業利益率:13.4【業績推移】・大型工事が一服して今期は減収減...

... 続きを読む

【簡易企業分析】 6889 オーデリック

【簡易企業分析】 6889 オーデリック

よし、照明器具のサブスクリプションをやろうww(月額課金でいつでも照明器具は交換無料。交換作業は別途追加料金)【基本情報】コード:6889企業名:オーデリック特色:住宅用照明器具の大手。自社ブランドで全国展開、独立系。LED照明器具で先行し急成長【指標等】時価総額(億):230PER(倍):6.9EV/EBITDA(倍):1.8PBR(倍):0.7ROE(%):10.3配当性向(%):27.9配当利回り(%):4.77営業利益率:13.0【業績推移】・売上利益と...

... 続きを読む

【簡易企業分析】 1381 アクシーズ

【簡易企業分析】 1381 アクシーズ

投げっぱなし分析再開。とりあえず精度、深掘りより頭をかき回しつつ数をこなして足腰を再度鍛え直します。間違いや勘違いが多少あっても気にしない気にしない…^^;ただ、記載フォーマットは手間を省くために書きやすくしたもの準備しておかないと。【基本情報】コード:1381企業名:アクシーズ特色:鶏肉国内大手。ケンタッキー(KFC)と食肉卸向け柱。飼料製造から加工まで一貫。外食FCも【指標等】時価総額(億):146PER(倍)...

... 続きを読む

【運用成績】 2019/05/24

【運用成績】 2019/05/24

今週は半年に一度の恒例の東京出張(投資家バージョン)でした。ギガプライズは社長が色々考えてくれているので問題なさそうです。賃貸住宅大手だけでなく、イオングループとまで密な関係になれるその日を楽しみにしております。まあ、そう遠くない未来な気がしますが(笑)不動産事業に関してはおおよそ問題ないのかなと。イオンハウジングによる仲介だけだとしてもFC化を進めることでロイヤリティにて利益化は可能でしょう。そこに社...

... 続きを読む

* by -
みやびさんこんにちわ。
初歩的な質問で申し訳ありません。決算説明会は私の様な弱小株主でも出席できるのでしょうか?株主総会とどのような違いがありますか。もし行けるようであれば一度行ってみたいと思います。素人質問で申し訳ありません。

Re: タイトルなし * by みやび
コメントありがとうございます。

会社次第だとは思いますが、参加できる会社もあると思います。
(そもそも私も弱小株主)

ただ、基本は機関投資家や金融機関向けなので株主総会とかのほうがハードルは低いかもしれません。
株主総会でも質問はできますし。

もしそれでも興味があるようでしたら会社側に確認してみてはどうでしょうか?

管理人のみ閲覧できます * by -

【決算分析】 3830 ギガプライズ(2019年3月期 決算)

【決算分析】 3830 ギガプライズ(2019年3月期  決算)

ギガプライズは業績が一気に加速してきた感じですが、まだ不動産は赤字継続…[名セ]【会社概要】フリービット傘下のマンション向けネット接続会社。親会社と協業。システム開発も手掛ける。【指標】時価総額(百万):23295PER(倍):23.3EV/EBITDA(倍):11.2PBR(倍):9.21ROE(%):35.9自己資本比率(%):28.1配当性向(%):5.9配当利回り(%):0.26【決算 業績(前年同期比)】売上(百万):10921(+71.9%)営業利益(百万):1292(+131.0%)...

... 続きを読む

* by -
いつも参考にさせていただいています。私はイオンハウジングから手を引くべきだと思っています。売上が少なすぎます。全店舗FCにすると一時的には黒字にはなりますが、赤字をFCに付け替えているにすぎません。総会では質問しようと思っています。みやびさんはイオンハウジングを続けるべきだと思われますか?

Re: タイトルなし * by みやび
コメントありがとうございます。


まず質問への回答ですが、自分としてはこのまま続けるべきだと考えております。

会社側の狙いや戦略を聞いた上で自分がなぜそう思うのかを簡単にですが書かせてもらいます。


1.自社の賃貸仲介部門を持つことで、ロングテール部分のマンションオーナーに対して、コストを掛けずにマンションISPを営業できる。
 →マンションISPに限らず、自社で扱っている商品についての営業が可能に

2.自社のマンションISPを導入してくれているマンションに、客付けをする付加価値をオーナー提供できる。

3.FC化により、フォーメンバーズ(ギガプライズ)側はリスクを最小限にして全国的な展開が可能となる
 →FCの場合はロイヤリティが売上であるため売上自体はそれほど大きくないが、ほぼコストがかからないため利益率がかなり高い。また、利益が小さいかわりに赤字となるリスクはぼぼない。(ロイヤリティは常に一定額入ってくるため)
 →FCに選ばれるオーナーは、もともと地元に根ざしていた不動産屋さんで、看板のかけかえをするだけで展開を実現する。展開にあたり、フォーメンバーズ側でコストがかかる案件が少ないため、出展を同時並行で実施できる。(少ないと言ったのは直営→FCへ譲渡の流れもあるため、イニシャルコストがそれなりにかかる場合もある)

4.イオンとのつながりを持っておくことにより、社宅代行のような新たな展開が生まれる可能性がある


FC化によりロイヤリティというストック収益はコストがかからない非常に良い収益になると考えております。
FC化が進んでいるということは、長い目で見ると確実な収益につながると考えているため、自分としては撤退よりFC化の加速を望んでおります。

* by -
ご回答ありがとうございます。納得しました。私は各FC店が利益が出て、長く続けてもらえるような政策を考えてほしいと思います。例えばCMなど。そして矢野社長の経営責任は明確にしてもらいたいと思っています。

Re: タイトルなし * by みやび
補足をさせていただきますと、FC店は基本的には利益は出ていると思います。

もともと不動産仲介で利益を出すためには仲介や売買のフローより管理物件を増やすことがポイントなのですが(2018年第2四半期決算説明会資料参照)、フォーメンバーズのようにスクラッチで店を立ち上げるとこの管理物件を集めるのに非常に手間がかかり、黒字化に割と手間がかかるという問題が発生します。

それに対して看板のかけかえをするだけのFC店はこの管理物件を最初から持っていますので(今まで不動産屋をやってきているので)、かけかえをした直後から黒字化はしていると思います。
なお、インハウジングのロイヤリティは他の大手の不動産仲介のフランチャイズと比較するとかなりお得になっているようです。(売上からマージンをとらないとか)

ただ、イオンモール内の出店については営業時間等の制約(イオンが開いている間は営業しろ等)がイオン側から突きつけられたりしているため、通常のやり方では利益を出すのに苦戦をするようです。(開店時間が伸びると人件費が増加するため)

直営店が苦戦気味(赤字)なのは、イオンモールがメインであること、管理物件をもたないスクラッチの状態から立ち上げていることがあげられると思っております。
初期の店舗は黒字化しているかもしれませんが、新しく立ち上げたりすると全体では赤字になるのではと考えています。

* by -
わかりやすい説明ありがとうございます。私は、イオンハウジングはファミリー層のお客様が多いため、売買の仲介がほとんどだと思ってました。賃貸の仲介もしているんですね?店員が少ないので内見がしにくそうに思います。

【運用成績】 2019/05/17

【運用成績】 2019/05/17

懺悔…でなく検証のお時間です。さて今週は主力のウィルグループとギガプライズの決算発表がありました。とりあえずギガプライズは無難に通過しましたが、ウィルグループでは、はい、大被弾しました(´・ω・`)さて、それをふまえて自分の投資はどうだったのかを検証してみました。結論ですが、大きな方針としては問題ないが、細かな見極めはまだまだ改善していかないといけない。でした。大きな方針「収益バリュー + 成長」(今割安、...

... 続きを読む

【決算分析】 6089 ウィルグループ(2019年3月期 決算)

【決算分析】 6089 ウィルグループ(2019年3月期 決算)

[東1]【会社概要】人材派遣や業務請負等の人材サービス展開。家電量販店など販売現場へのセールス派遣が主力。【指標】時価総額(百万):20396PER(倍):10.35 (日本基準:15倍程度)EV/EBITDA(倍):6.3PBR(倍):2.96ROE(%):17.8自己資本比率(%):20.1配当性向(%):20.3配当利回り(%):1.96【決算 業績(前年同期比)】売上(百万):103603(+30.8%)営業利益(百万):2547(+5.2%)経常利益(百万):2636(+8.0%)純利益(百万):1231(+0.7%...

... 続きを読む

こんばんは。 * by kz
ウィルG、というより派遣銘柄の旬は終わった感じがします。それでも個人投資家に人気があるウィルG、、、1Qの数字が良くないと個人は狩られそうですね。
オーストラリアは、数年前から景気は↓です。ただ、労働者が凄く守られているので、雇用主は簡単にクビには出来ない環境です。
時給は単純労働で¥2000以上。物価も高いですけど、、、

Re: こんばんは。 * by みやび
kzさん コメントありがとうございます。


私は旬等は考えずに、企業として利益はまだまだ伸びていくのかを考えるようにしています。
(多少s金の効率は落ちますが、利益が伸びて割安になれば長い目で見たら株価は上がると考えるので)

今はウィルグループに本当にそのちからがあるかですね。
とりあえずは決算説明会の資料やログを待っていようと思います。

オーストラリアは心配ではありますが、政府系への派遣が主であるため、
景気の足踏み程度ならなんとかなるとは思いますが、楽観はしないようにと思っております。

【決算分析】 3447 信和(2019年3月期決算)

【決算分析】 3447 信和(2019年3月期決算)

しっかり儲けるための投資はやはり難しい。リターンほどほどで良いなら放置でも全然構わないんですけどね…[東1]【会社概要】仮設資材、物流機器を製造販売、建設現場向けロック機能付き「次世代足場」が牽引、海外展開も。【指標】時価総額(百万):15276PER(倍):10.1EV/EBITDA(倍):7.2PBR(倍):1.2ROE(%):11.8自己資本比率(%):60.7配当性向(%):44.0配当利回り(%):4.0【決算 業績(前年同期比)】売上(百万):17512(+5.5%)...

... 続きを読む