みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】3184 ICDAホールディングス(平成30年3月期決算)

【決算分析】3184 ICDAホールディングス(平成30年3月期決算)

テンプレートを昔の形式に戻したらわりと書きやすかったので、今後もこちらを使っていこうと思います。

とある理由で話題になりましたので、直近の決算を調べてみました。
新店舗の稼働と中古販売の流通システムが大幅増益の理由のようです。
ついでにキャッシュ周りがわりと怖いこともわかりました^^;



<3184 ICDAホールディングス>[東2]

【会社概要】
三重県拠点のホンダ系ディーラー。VWやアウディなど輸入車販売、自動車リサイクル事業も。

【指標】
株価(円):1944
PER(倍):6.26
EV/EBITDA(倍):5.31
PBR(倍):0.87

ROE(%):13.1
自己資本比率(%):30.1

配当性向(%):16.1
配当利回り(%):2.57

【決算 業績(前年比)】
売上(百万):26001(+8.1%)
営業利益(百万):896(+62.9%)
経常利益(百万):888(+65.0%)
純利益(百万):401(+14.2%)

営業利益率(%):3.45(+1.1%)

営業CF(百万):2387(+68.3%)
投資CF(百万):-1038
フリーCF(営業CF-投資CF)(百万):1349
財務CF(百万):-1154
現金及び現金同等物(百万):821

【業績予想(通期)】
売上:+7.7%
営業利益:+10.8%
経常利益:+9.2%
純利益:+62.7%

【決算にて気になった点】
・営業利益率が大幅に改善した理由はなにか?(特に4Q)
 →新店舗の稼働と中古販売を支援するITを駆使した物流システムによる効果
 →→今年度以降も効果は貢献はしてくれそうだが、利益が加速して増加していくかは謎
・中古車販売は好調だが、「商品回転の効率化が図られた結果業販台数が減少する」という意味がわからない…
 →普通は逆では?^^;
自動車リサイクル事業は昨年度は利益が倍以上に。
 →比率は小さいため利益への影響はまだ軽微
 →今年度はリユースパーツ販売の強化を図るらしい

【所感】
「業績の観点から」
・前年度は売上+8.1%、営業利益+62.9%、純利益+14.2%の増収大幅増益
 →純利益の伸びが悪いのは減損による特別損失を計上しているため。今季はそれがなくなるため純利益の伸びが非常に大きくなっている。
 →前々年度と比較して営業利益率が大きく改善しており、それが増収につながている。
・4Q単体では売上+7.9%、営業利益+123.6%と1Qから期を追うごとに改善率が加速
 →純利益は特損のため-18.0%と減速特損は2億程度でありそれを無視すると+162.0%程度
 →4Q単体では営業利益率は5.3%と前年度の2倍以上に改善
・今期は売上+7.6%、営業利益+10.8%、純利益+9.23%と続伸するが、昨年度ほどの伸びはみられない
 →新店舗の稼働と物流システム等の見直しは今年度以降も効果を発揮か
・前年度は営業利益率が大きく改善したが、今期予想でも営業利益率は3.55%とわずかながら改善
 →ただし4Qでみせた利益率の改善(5.3%)のように更にそこから一気に改善するということはなさそう。

「資本政策の観点から」
・利益が急改善したためROEも大きく改善して13.1%に。
 →今後もこの水準が維持できるかがポイント
配当性向は16.1%と少し物足りないが、自己資本比率や資金を投資に向けているためしょうがないか…

「財務の観点から」
流動資産が43億、流動負債が80億と流動資産面で少し不安が…
 →短期借り入れが34億あるためこれを借り換えするのか?
 →→前年度と同じ額であるためその可能性が高そう
 →保有する現金は9億(売掛は3.6億)、買掛は18億と割とキャッシュに不安はある^^;
支払利息は0.46億と営業利益の5%程度と負担は大きくない
・自己資本比率は30.1%とわりとかつかつ

「キャッシュフローの観点から」
営業CFはここ数年は基本的にプラス
フリーCFは今年度は大きくプラス
 →ここ数年は投資CFが大きくプラスにならなかったが、新店舗の稼働のおかげか前年度は大きくプラスに。

「コメント」
前年度、今年度は新店舗の稼働と中古販売を支援するITを駆使した物流システムによる効果が大きそうです。
両方共に今年度以降も貢献はしてくれるようですが、営業利益率は昨年度並の3.5%程度に落ち着くようなので、
この効果でさらなく利益率の向上は無さそう
です。

調べてみてわかったのですが、キャッシュの状態がわりと怖いレベルになっています。
今の景気が続けば特に問題はなさそうですが、ホンダ車が売れない事態が発生すると、
厳しい状況におかれる可能性は否定できません。
ディーラーとしての強みもわからない(地域密着?)ので、いざという自体になった場合の、
想定は常にして投資に望みたいと思います。
(まあとある理由で1単元のみ保有しているのですが)
スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可