みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  ストーリー戦略 >  【ストーリーとしての投資戦略】 理論と経験

【ストーリーとしての投資戦略】 理論と経験

前回ブログ:『ビジネスと投資について』

理論※なんかこねくり回してるより、市場で売買して投資法を見つけたほうが絶対良いはず

※どのような考え方で戦略を立てると勝てる戦略(投資手法)を作りやすいか

と思っている方は結構多いのでは無いかと思います。

実際、理論をこねくり回してるだけで投資に勝てるようにはなりません(笑)
投資手法の具体的な方法を作り上げたり、完成させたりするためには実際に売買して経験をする必要があります。

逆に考えながら売買を続けることができれば理論を知らなくても勝てるようになるとも思います。

じゃあ、理論なんて無駄じゃないか

と思われるかもしれませんが、それでも私は理論を抑えることが大事だと思います。

理論を抑えておくことで、実際に売買した経験から得るものが大きくなる

と思っているからです。
噛み砕くと、

勝てる投資手法により早くたどり着ける

です。

スポーツでも「体の動かし方」を理解してから練習をするとより早くうまくなると思っています。

そんな感じです。

それでは本日はここまでで。

参考元:『ストーリーとしての競争戦略』(楠木健著)
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可