みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  簡易企業分析 >  【簡易企業分析】 3020 アプライド

【簡易企業分析】 3020 アプライド

少しサボりぐせがついてきた…というわけではありませんが、
強制的に調べるために、たまに調べた内容をまたブログで書いていこうと思います。

何事もバランスが大切ですね。



<3020 アプライド>[東2]

【会社概要】
九州地盤。西日本を軸にパソコン小売店「アプライド」展開。大学など法人向けにシステム提案。

【指標】
株価(円):2075
PER(倍):7.98
EV/EBITDA(倍):8.04
PBR(倍):1.29
ROE(2期前-前期-今期(予想)%):2.7→19.6→20.8
営業利益率(%):3.24
自己資本比率(%):31.8
配当性向(%):17.30
配当利回り(%):2.17
優待利回り(%):0.48

【分析】
①ビジネス内容とストック or フロー
・ハードやソフト販売のフロービジネスが中心っぽい
・PCデポのようなサポート事業もしており(比率は不明)、これはストック
 →学校・官公庁向けであるため、年寄りから搾取している可能性は低く、炎上の可能性も低いか?(笑)

②売上・利益の拡大余地
・【マーケット】サポートが伸びており、このニーズはあると思う
        PCの小売はジリ貧
・【他社との競争】サポートについても、美味しいビジネスと分かれば競争が激化する可能性が高い
         小売は…かなり厳しいか。

③強み(他社との違い)
・【やる事(SP)】学校・官公庁向けにシステムを提案しつつ、アフターサポートも取り込む
        →他にライバル企業があるのかは不明
・【やり方(OC)】??

④業績
・【直近】3Qでは前年比で売上+10.4%、営業利益+34.5%、純利益+11.4%
・【今期予想】売上+6.2%、営業利益+7.2%、純利益+0.4%
       →上振れしそうだが…

⑤不況耐性
・サポートは不況耐性は強そう

⑥資産効率(ROE)
ROEは昨年度に急改善して20%前後となる
 →ビジネス内容の変化による利益構造の変化?

⑦財務
・自己資本比率31.8%と多少低い

⑧キャッシュフロー
・【営業CF】プラスだったりマイナスだったり…。ビジネスモデルが変わっているならプラスで安定するかも。
・【フリーCF】営業CFと同じ

⑩その他
・PCデポと同じ系なのか…
・サポートをしている割には利益率が低い。まだまだこれからか?

【コメント】
懐かしのコムロードの親会社でした。
サポートが学校・官公庁向けで好評を博しているなら面白そう。
もう少し詳しく調べてみようかなと。
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます * by -

コメント






管理者にだけ表示を許可

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-10 * - [ 編集 ]