みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  投資の勉強 >  【投資の勉強】 ストーリーとしての投資戦略(考え中)

【投資の勉強】 ストーリーとしての投資戦略(考え中)

考えをまとめるつもりで書いているので、話にまとまりがなく読みにくい&内容的には未完成です。
「ふ~ん」程度で読んでくれれば良いです。



投資で継続的に勝つためにはどうしたら良いか?

私は

「他人と違うことをする」

が一番重要だと思います。
他人と同じことをしていても競争相手が多く勝てないことが多いと思います。
簡単に真似できてしまう手法も同じ理由ですぐダメになってしまうと思います。

さて「他人と違うことをする」と言っても何をしたら良いのでしょうか?
思いついたことを適当に組み合わせたら勝てるのでしょうか?
多分それでは無理だと思います^_^;

投資の最終目的は利益を得ること。(利益を得る方法にも色々ありますが…)
そうするとその目的に向かって進むことができる方法を取らなくてはいけないと思います。

「利益を得る」に向かって「他人と違うこと」をする。
(ここでいう「こと」とは「投資手法」のことですね)

これが投資で継続的に勝つための方法だと思います。
(方法と言うには少し概念性が強すぎる気もしますが)


まあ、これだけだと「全くわかんねーよ」と思われる人が大多数だと思いますので、
もう少し具体的な考え方を書こうと思います…と書きつつ、この辺りはまだ考え中です(笑)

重要かなと思っていることをずらずら書いていこうと思います。

SP(Strategic Positioning) : どのような分野に特化するのか?(ファンダなのかテクニカルなのか…etc)
OC(Organizational Capability) : どのようなやり方をするのか?(資産バリューなのか高値ブレイク…etc)


ストーリー(5C)
 競争優位(Competitive Advantage)
 コンセプト(Concept)
 構成要素(Components)
 クリティカル・コア(Critical Core)
 一貫性(Consistency)



ストーリーの組み立て方については勉強中ですが、特にコンセプトが重要だと考えています。
利益を得るための手法の根っこに何を据えるかです。

ストーリーは時間軸に沿って進んでいきます。
投資は買いから始まり、途中の色々な状況を経て、最終的に値上がりした状態で売りをすることになると思います。
買う時、途中の上がる時、売る時でコンセプトにあった考え方(やり方)を取り入れていきます。
この考え方を繋げた場合に破綻なくしっかり流れるストーリーになっていれば投資手法の完成だと思います。

ちなみに、これを考えるのはかなり大変だと思います。
ただ、この大変なことをしっかりすればするほど投資手法が「他人と違うこと」になっていきます。

冒頭で、投資で継続的に勝つためには

「利益を得る」に向かって「他人と違うこと」をする。

と書きましたが、この自分のストーリー(投資戦略)をしっかり考えれば考えるほど

「他人と違うこと」


になり、継続的に勝てる投資家になれるのでは?と思っています。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可