みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  企業分析 >  【成長株】 8922 日本アセットマーケティング

【成長株】 8922 日本アセットマーケティング

本日<3830 ギガプライズ>が上方修正を発表しました。
純利益が30%程度の増益となりました。
それでも出来高が少ないのはお約束です。

過去のブログで「誰かあの会社に上方修正の仕方をレクチャーしてあげて下さい」と記載したのですが、誰かがレクチャーしてくれたようです。
良かった(*´▽`*)

来期で東証2部上場の条件を満たせるかも…と一瞬思いましたがまだ厳しいですね。

さて、会社の後輩が「JAM(日本アセットマーケティング)がオススメです」としきりに薦めてくるため一度分析をしてみます。
でも「昨日押してたJIAの立場は?」(笑)



<8922 日本アセットマーケティング>[東M]

【会社概要】
ドンキホーテHD傘下のビル賃貸、不動産管理。祖業の不動産データ販売から撤退。旧ジアース。

【指標】
株価(円):174
PER(倍):12.33
PBR(倍):7.24
ROE(%):58.2
自己資本比率(%):7.4
配当利回り(%):0.00

【業績の推移】
2015-03-18_業績推移


【同業他社比較】
2015-03-18_同業他社

【企業価値】
時価(億):480
企業価値(億)※1:104
解散価値(億)※2:-463

※1:株価の妥当な価格 : 企業価値 = 純資産 + 事業価値※3
※2:企業が解散した場合に残る資産 : 解散価値 = 流動資産 - 負債
※3:本業で稼ぐ力 : 事業価値 = (営業利益 * 0.6) / 期待利回り(10%で計算)

【その他】
四季報(最新)での業績予想:変化率±5%未満の増額・減額

【強み】
・主力賃貸先ドン・キホーテが好調
賃料が上昇中

【成長ストーリー】
ドン・キホーテの成長と共に業績を伸ばす
ドン・キホーテ以外の柱を作る

【リスク】
財務がやばい(第3四半期で現金が戻ってきているようですが…)
・来期以降は成長が鈍化

【所感】
リスキーです(笑)
後輩はリスキー銘柄がお好きなようです。
といいつつ、ドン・キホーテが好調で賃料も上昇しているため大化けを狙える面白い銘柄かもしれません。

しかしながら…この財務は怖い
前年度期末では自己資本比率7%
今年度の中間決算ではフリーCF(営業CF-財務CF)-161億円で、最終的に現金の残高が35億円となっていました。
だだし、第3四半期決算を確認した所流動負債は142億→113億、現金等が35億→96億と大幅に回復しているため破綻の危険は減ったと思っています。

四季報を確認すると来期は10%程度の伸びと普通になってしまっています。
来期も30%以上の伸びを見せると株価が爆発的に伸びるのでは無いでしょうか。

危険を察知したら即撤退が必要な銘柄だと思います。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可