みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】 7682 浜木綿(2020年7月期 第3四半期決算)

【決算分析】 7682 浜木綿(2020年7月期 第3四半期決算)



2020-3Q-浜木綿

【株価推移】
2020-3Q-浜木綿_チャート

【一言】
優待の発表と四半期で赤字転落


【決算にて気になった点】
[減収減益]
コロナの影響で減収・大幅減益。四半期としては大幅赤字
→ターゲットが落ち着いて食事をしたい年齢高め&ハレの日(卒業・入学のお祝い)であるのに対して、
 コロナは年齢層と時期でスマッシュヒットした可能性が高い

[優待効果]
そこまで高くはないものの長期で保有すればそこそこの優待利回りに。

[立て直し]
上場からそれほど時間が立っておらず、実績が乏しいためどのくらいの早さで立て直せるかは不明。
コロナ前はお店にお客さんは結構入っていた模様。(お店にもよるだろうが)


【コメント】
そこそこのお値段で雰囲気が良いお店と、お金と時間がある少し年齢高め層を狙った中華料理チェーン店です。
親が好きなので、狙い通りそのターゲットに刺さっていると思います。

値段の割にクオリティはそこそこ高いと感じているので、実は私もたまに行ってます。
中華パンは美味しいです。

月次が出ているので、立て直っているかはまずはそこで確認でしょうか。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可