みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】 6089 ウィルグループ(2020年3月期 決算)

【決算分析】 6089 ウィルグループ(2020年3月期 決算)

コロナショックをチャンスと捉えて色々チャレンジしていって欲しいですね。
働き方が変わりそうな箇所も結構ありそうなので、そういうところにチャンスは転がってるはずです。



2020-4Q-ウィルグループ

【株価推移】
2020-4Q-ウィルグループ_チャート

【一言】
好調から一転コロナショック!!


【決算にて気になった点】
[増収増益]
2020/3は増収・大幅増益ながらも4Qはコロナの影響で失速気味。今年度は4月からのコロナの影響で減収・大幅減益の予想に。

[Will Vision2020達成]
Will Vision2020にて掲げた目標の売上と営業利益の目標を達成。(当初は無理と思ってたんだが…)

[主要3事業の利益率の向上]
主要3事業の利益率が向上することで売上以上に利益が向上

[介護ビジネス]
コロナ渦中でも問題なく拡大を続けてくれている介護ビジネスがありがたい存在に

[より高い利益率のビジネスへの挑戦]
人材紹介、専門性の高い派遣、HRTechとより高い利益率のビジネスへの挑戦を開始

[新中期経営計画]
新中期経営計画の公表は未定に。ただ、考え方については決算補足資料からある程度理解。


【コメント】
派遣先の業種的に厳しい部分もあるだろうな~と思っておりましたが利益面はやはり厳しかったです。
ただ、予想外に売上は前年横ばいなので先行投資等でのコストの上昇なのかM&Aによる売上増の影響なのか…

前年度は好調でしたし、優秀なメンバが多いと思っておりますので
コロナさえおさまれば、また成長基調に戻ってくれるでしょう。

とりあえずこの企業や企業の考え方が大好きなので1年や2年は応援しながら持ち続けるのもええかなと思っております。
(好き嫌いだけでなく将来成長すると思っているからです)

このコロナをチャンスに変えることができるかもちょっと期待して見ていたいと思います。


そしてウィルグループの社内報が見られるようになっていたので読んでみました。
楽しかったし、やっぱり優秀で前向きな社員さんが結構いるなと再認識できました。

BIG SMILE(ウィルグループ社内報)
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可