みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】3137 ファンデリー(2020年3月期 第3四半期決算短)

【決算分析】3137 ファンデリー(2020年3月期 第3四半期決算短)

時間が経ってますが決算の中身を調べながらぼちぼち書いていこうと思います。



2020-3Q-ファンデリー

【その他】
会員数(2018/3→2019/3→2020/12):224727→244651(+19924)→257049(+12398)
定期コース会員数(2018/3→2019/3→2020/12):7925→8162(+237)→8380(+218)

【株価推移】
2020-3Q-ファンデリー_チャート

【一言】
売上・利益共に頭打ち状態。今期の会社計画のウルトラCが無い限りは達成はかなり厳しいか。また中計の達成も…


【決算にて気になった点】
[減収減益]
四半期単体では完全に減収減益。主力のMFD事業においても厳守減益は厳しい。

[通期予想達成困難]
会社の通期予想の達成には、4Q単体で前年比 売上+166%、純利益+135%が必要となる。普通に考えると厳しい。

[定期コース会員数伸び悩み]
ストック収益となる定期コース会員数が伸び悩んでいる。ただし会員数はそれなりに伸びている。


【コメント】
成長のための戦略が見えないため、今後の成長についてはなかなかコメントできません。
ただ、この市場については今後も伸びていくとは思いますので、それに伴いそれなりの伸びはしてくれるかもしれません。

中計を掲げているのですが、達成できるかは怪しいかなと思っております。
来年度あたり何か新たな手を売ってくるのか…(今年はもうダメだと思ってるw)
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可