みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】 6089 ウィルグループ(平成31年3月期第3四半期決算)

【決算分析】 6089 ウィルグループ(平成31年3月期第3四半期決算)

とりあえず分析というかメモと言うか…



<6089 ウィルグループ>[東1]

【会社概要】
人材派遣や業務請負等の人材サービス展開。家電量販店など販売現場へのセールス派遣が主力。

【指標】
株価(円):1081
PER(倍):17.73
EV/EBITDA(倍):7.4
PBR(倍):3.53
ROE(%):18.6
ROIC(%):8.8
自己資本比率(%):21.6
配当性向(%):32.9
配当利回り(%):1.67

【第3四半期 業績(前年同期比)】
売上(百万):76290(+33.8%)
営業利益(百万):1954(-6.0%)
経常利益(百万):1969(-5.1%)
純利益(百万):1009(-3.5%)

営業利益率(%):2.56(-1.1%)

【一言】
2020年の中期経営計画(売上1000億、営業利益40億)に対して多少の不透明感はあるものの、
達成のための準備は着々と進んでいる感じがする。

【決算にて気になった点】
・ファクトリ事業以外の主要事業の弱さは気になる
 →2Qと同様の傾向であるため底を打った感じもするが
 →→セールスは通信以外のアパレルでどこまで頑張れるか
・海外事業の利益が3Q単体では急減
 →クライアントの要望次第なのでちょうど落ち込んだだけらしいが
・介護事業は順調に利益化中
・4Qにて先行投資費用が1.6億残


【所感】
「業績の観点から」
・3Qまででは大幅増収小幅減益ではあるものの、3Q単体では大幅増収小幅増益と利益面は持ち直しつつある
 →4Qに先行投資費用が残っているので通期の業績は売上以外は予想通り着地かな
・セールスとコールセンター事業が相変わらず弱含み
 →コールセンターは人材紹介があったため3Qはよく見えるものの一過性のもの
・先行投資分があるため利益率は昨年度より1%程度悪化している
 →先行投資の区切り、黒字化が厳しい不採算事業(内部の小さな事業)の整理あたりをすることで利益率は上がりそう
 →→のれんも償却が完了すれば利益率向上に寄与するけどM&Aがお盛んなので…


「資本政策の観点から」
・配当性向は30%が基本であるため、中経が達成できれば配当額はわりと増えるのではないかと…

「財務の観点から」
・自己資本比率は相変わらず低いが、ネットDEレシオは0.4倍程度と財務はわりと健全
・流動比率も1.32倍であるため目先の資金繰りも問題なさそう。(流動資産を現金と売掛だけに限定しても1倍は超えている)

※ネットDEレシオ = 純有利子負債(有利子負債-現預金) / 自己資本
 流動資産 = 流動資産 / 流動負債

「妄想」
主要3事業の大きな伸びは今後厳しそう。
対して海外は面白とは思いつつ未知数過ぎてこちらも伸びるかは不明。
(そもそも日本と同じ戦略で勝てるとも限らないのでそれなりの利益を確保できるくらいに考えておいたほうが無難)
C4等面白そうなネタはたくさん持ってるっぽいですが、それが花開くかは神のみぞ知る…ということでこちらもまだ未知数です。
となると伸びが見えているのが介護くらいでしょうか?
スタートアップ企業への人材紹介も人員を増やしているそうなので校長のようですが、規模としてはそこまで大きくない気がしてますし…
後は、M&Aした会社はのれんの償却が終わればそれなりに利益への貢献はするかなといったところですかね。

個人的には今期の営業利益から2倍くらいはなんとなりそうなイメージがあるのですがその先は未知数ですかね…
(利益の伸びとコストの削減効果)

当然そんなに予想通り進む確証もないですし、そもそも伸びるどころか減ることもありうる…と考えると、
その業績の予想値からどのくらい下に補正をした値で(自分にとって)適正な株価を見積もっておくか…

「コメント」
正直いいますと、会社の規模も大きくなってきたので今後は売上をこのペースで伸ばすのは厳しいのかなと思っております。
ただ、売上拡大のために色々無茶?をしてきたところもあるとは思いますので、
このあたりで一旦質(要は利益)を上げることをしてほしいかなと思わなくもないです。
(質を精査しながら売上が伸びるならそれに越したことは無いですが…)

中間決算の説明会では社長が質の向上についてもお話していたみたいなので(内容の書き起こしにあったような)、
この部分はやってくれるんじゃないかと期待はしております。

といいつつ、まずは目先の来年度の中経達成のために尽力はお願いしたいところですね。

財務健全性は思いの外問題なさそうなので、とりあえずは安心しました。
とりあえず世の中 金(キャッシュ)があればなんとなるはずです(笑)
スポンサーサイト
* by メガネ
こんにちは。同じウィルグループのホルダーとしてよくブログを拝見しております。
次年度は恐らく国際会計基準の導入の可能性もありそうな様子(?)ですが、その点の影響はどう捉えていますか?
教科書的には本質的な企業価値に影響は及ぼさないものの、実際EPSへのインパクトが非常に大きいので、カタリストとして十分に効果がありそうだ…等、正直私もどう捉えたものかなと思っています。

Re: タイトルなし * by みやび
メガネさん いつもありがとうございます。

> 次年度は恐らく国際会計基準の導入の可能性もありそうな様子(?)ですが、その点の影響はどう捉えていますか?
> 教科書的には本質的な企業価値に影響は及ぼさないものの、実際EPSへのインパクトが非常に大きいので、カタリストとして十分に効果がありそうだ…等、正直私もどう捉えたものかなと思っています。

特に気になし方向でいこうと思っております。


前に少し聞いた感じですとIFRS導入はもう少し先な感触でした。
もし中経達成のためにIFRSを導入してくるとしたら、個人的には足元は厳しいのかな?と疑ってしまうと思います。

IFRSの準備をしているためどこかで導入はしてくると思っていますが、いつ導入されるかもわかりませんので、純粋に会社が成長するかに注目しながら投資を続けていこうと思います。

No title * by メガネ
こんにちは。コメント投稿からものの10日でIFRS入れてきましたね。

IFRS検討に入ったころから今回のリリースまで適宜IRには確認をしていますが、あくまで来期は日本基準での40億を目指すとのことなので、来期が中計通りの計画でいけるのなら、営業利益は40億+移行影響ということになりそうです。

影響額を予測すると、直近更にM&Aをしていることもあり、のれん償却無しによって少なくとも8億程度の増益効果はあると考えています。(日本基準では損金不算入ですから、当期純利益上のインパクトはさらに大きくなるでしょうが。)

一方でストックオプションの費用化もあるでしょうから、8億そのまま増益とまでは思いませんが、差引後で45~48億程度の数値感にはなるのでは、と期待しています。(あくまで憶測ですが・・・。)

直近の株価の動きを見ると、まだまだ事象を十分に織り込めてないように思いますので、5月の業績予想開示後の株価爆発を楽しみにしています。
(主力3事業がそれまで耐えられると良いのですが・・・。)

Re: No title * by みやび
メガネさん コメントありがとうございます。

おっしゃる通りIFRSに移行してきましたね。
私は当初の予定通り業績がしっかり伸びていくかを観察して行きたいと思っております。

現状の株価は特に高いとは思いませんので、様子見よ予定です。

コメント






管理者にだけ表示を許可

こんにちは。同じウィルグループのホルダーとしてよくブログを拝見しております。
次年度は恐らく国際会計基準の導入の可能性もありそうな様子(?)ですが、その点の影響はどう捉えていますか?
教科書的には本質的な企業価値に影響は及ぼさないものの、実際EPSへのインパクトが非常に大きいので、カタリストとして十分に効果がありそうだ…等、正直私もどう捉えたものかなと思っています。
2019-02-10 * メガネ [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メガネさん いつもありがとうございます。

> 次年度は恐らく国際会計基準の導入の可能性もありそうな様子(?)ですが、その点の影響はどう捉えていますか?
> 教科書的には本質的な企業価値に影響は及ぼさないものの、実際EPSへのインパクトが非常に大きいので、カタリストとして十分に効果がありそうだ…等、正直私もどう捉えたものかなと思っています。

特に気になし方向でいこうと思っております。


前に少し聞いた感じですとIFRS導入はもう少し先な感触でした。
もし中経達成のためにIFRSを導入してくるとしたら、個人的には足元は厳しいのかな?と疑ってしまうと思います。

IFRSの準備をしているためどこかで導入はしてくると思っていますが、いつ導入されるかもわかりませんので、純粋に会社が成長するかに注目しながら投資を続けていこうと思います。
2019-02-12 * みやび [ 編集 ]

No title

こんにちは。コメント投稿からものの10日でIFRS入れてきましたね。

IFRS検討に入ったころから今回のリリースまで適宜IRには確認をしていますが、あくまで来期は日本基準での40億を目指すとのことなので、来期が中計通りの計画でいけるのなら、営業利益は40億+移行影響ということになりそうです。

影響額を予測すると、直近更にM&Aをしていることもあり、のれん償却無しによって少なくとも8億程度の増益効果はあると考えています。(日本基準では損金不算入ですから、当期純利益上のインパクトはさらに大きくなるでしょうが。)

一方でストックオプションの費用化もあるでしょうから、8億そのまま増益とまでは思いませんが、差引後で45~48億程度の数値感にはなるのでは、と期待しています。(あくまで憶測ですが・・・。)

直近の株価の動きを見ると、まだまだ事象を十分に織り込めてないように思いますので、5月の業績予想開示後の株価爆発を楽しみにしています。
(主力3事業がそれまで耐えられると良いのですが・・・。)
2019-02-22 * メガネ [ 編集 ]

Re: No title

メガネさん コメントありがとうございます。

おっしゃる通りIFRSに移行してきましたね。
私は当初の予定通り業績がしっかり伸びていくかを観察して行きたいと思っております。

現状の株価は特に高いとは思いませんので、様子見よ予定です。
2019-02-24 * みやび [ 編集 ]