みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP >  決算分析 >  【決算分析】 6173 アクアライン(平成31年2月期第2四半期決算)

【決算分析】 6173 アクアライン(平成31年2月期第2四半期決算)

久しぶり過ぎて書くのにわりと時間が…^^;

注目していたので数字を追っかけてみました。
もう少し調べないといけないかな。



<6173 アクアライン>[東1]

【会社概要】
「水道屋本舗」の屋号で水回りの緊急修理サービスを展開。自社サービススタッフを全国に配置。

【指標】
株価(円):2450
PER(倍):19.59
EV/EBITDA(倍):10.04
PBR(倍):4.14
ROE(%):17.8
ROIC(%):19.8※前年度
自己資本比率(%):60.7
配当性向(%):19.9
配当利回り(%):1.02

【中間決算 業績(前年同期比)】
売上(百万):2890(+19.3%)
営業利益(百万):148(-5.5%)
経常利益(百万):149(-4.1%)
純利益(百万):94(-3.0%)

営業利益率(%):5.1(-1.3%)
営業利益進捗状況(%):38.0(-2.7%)

営業CF(百万):153(-18.2%)
投資CF(百万):-103(+134.0% ※1)
フリーCF(営業CF-投資CF)(百万):50
財務CF(百万):-122
現金及び現金同等物(百万):959(-12.0%)

※1:マイナス幅が増えた(投資が増えた)場合を+**%としています。

【業績予想(通期)】
売上:+17.3%
営業利益:+1.0%
経常利益:-0.8%
純利益:+1.3%

【決算にて気になった点】
・売上も引き続き好調で2Q単体ではさらに前年度からの増加幅が拡大
・2Q単体では原価率は大きな変更はなし。販管費が大きく下がり利益が向上
 →結果2Q単体では営業利益率が7.5%とかなり高くなっている
通期予想から2Q単体でも前年度比マイナス、もしくはトントン程度と考えていたが、予想に反して利益は大きくプラス
 →この流れでは通期予想を上振れ?(もしくは今年度中にもう一回先行投資あり?)
・各セグメントの「水回り緊急修理サービス事業」、「ミネラルウォーター事業」ともにバランスよく伸びている
・提携先が増えた影響か販売手数料が大きく増加している
・現状は受注の30%キャンセルしているので需要はまだまだある

【所感】
「業績の観点から」
・2Qは前年比売上+19.3%営業利益-5.5%、純利益-3.0%
 →増収減益で利益率は悪化。原価率、営業利益率が共に悪化傾向。
・2Q単体では前年比売上+23.5%、営業利益+45.5%、純利益+48.7%
 →1Qが大きく前年度比マイナスだったが2Qでは大幅増収大幅増益と回復。ただし数字が大きいのはもともと閑散期だった影響もあるか
 →原価率、営業利益率も前年度と比較すると大きく改善。なぜかは気になるところ。
・通期は売上+17.3%、営業利益+1.0%、純利益+1.3%
 →2Qでの改善を考えると通期は上振れしそうな感じはするが、3Q以降にもう一回先行投資あり?
・各セグメントの売上について「水回り緊急修理サービス事業」は+18.5%、「ミネラルウォーター事業」は+26.1%と共に二桁増収

「資本政策の観点から」
・ROEは20%を切ったものの17.8%とまだまだ高いところを維持している
・配当性向は20%程度か。

「財務の観点から」
・流動負債以上の現金を持っているため短期的なキャッシュは問題なさそう。
自己資本比率も60%と非常に高い。

「キャッシュフローの観点から」
・営業CFは前年度と比較してやや減少。売上債権が増加しているが売上の増加と同比率程度であるので妥当かなと。
・フリーCFはプラスと、まあ問題ないかなと。

「妄想」
・水回りトラブル以外の困りごとも開始を始めて今後拡大余地は大きい
・社長がサービス業を標榜しており、「困りごとを頼む先=水道屋本舗(アクアライン)」と認識をしてもらえれば多様な仕事が舞い込んできて儲けががっぽがっぽ(笑)
・安心と信頼が強みになると顧客とのつながりがわりと強固になるので、今後も安心と信頼を裏切らない仕事を妥協せずに邁進してほしい

「コメント」
1Qの業績を見た時は人員増とうの先行投資によるコスト増を吸収するためには今年度いっぱいかかるかなと思ったのですが、
2Q単体の数字をみた感じでは思いの外早く利益化により吸収できるかもしれません。
とは言いつつ来年度までには400名体制にするということで、今後も定期的に人は採っていくと思いますので、
やはり今年度いっぱいかかるのかもしれません…
まあ来年度以降に期待ということで(笑)

某かたから「人件費(給料)」と「販売手数料」の増加について気になるとツッコミを受けたので確認しておこうと思いますが、
2Q単体では営業利益率がかなり良くなっていることより売上に対するコストは減る方向にある印象ではあります。
が、2Qまでの総合で考えると利益率は悪化しているので確認はしたほうが良いのかなと…
(ちなみに直接依頼を受ける方が提携先から依頼を受けるより当然利益率は良いとは思いますので提携先からの依頼が増えれば利益率は悪化しそうな気はします)

鍵のトラブルも始めたらしいですが、サービス名?が水道屋本舗とあまり関係ない名前になってるので、
知名度向上のためにまた一からやり直しなんかな…


しかし水道屋本舗のCMは画もあわせて印象に残るエモいCMや…(個人の感想)

タウンページからテレビCMへの移行はターゲットを考えるとわりとありかもしれない。
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可