みやびの館@株式投資

中長期投資のための企業・業績分析の覚書

TOP > 2018年11月

【決算分析】 6089 ウィルグループ(平成31年3月期第2四半期決算)

【決算分析】 6089 ウィルグループ(平成31年3月期第2四半期決算)

明日はきっと下る…[東1]【会社概要】人材派遣や業務請負等の人材サービス展開。家電量販店など販売現場へのセールス派遣が主力。【指標】株価(円):1118PER(倍):16.0PBR(倍):3.0ROE(%):16.6自己資本比率(%):21.6配当性向(%):32.9配当利回り(%):1.84【中間決算 業績(前年同期比)】売上(百万):48807(+33.6%)営業利益(百万):1092(-15.9%)経常利益(百万):1097(-15.6%)純利益(百万):557(-14.4%)営業利益率(%):2.2(-1.3%...

... 続きを読む

* by ヒデアキ
いつも拝見しております。
資本剰余金の減少は、子会社株式の追加取得の際の投資額と対応する純資産の差額と思われます。以前はのれん計上だったのが、今は資本剰余金を増減させるようです。

Re: タイトルなし * by みやび
ヒデアキさん

ありがとうございます。
なるほどです。

(私の会計詳しくないのがバレバレに(;^ω^))